業務案内

トップ > 業務案内 > 災害発生等の緊急時にドローンによる空撮支援

業務案内

災害発生等の緊急時にドローンによる空撮支援

支援内容

当センターでは、災害発生等の緊急時にドローンによる空撮支援を行います。

 

支援を行うケース

・災害発生時の被災範囲の把握や状況確認
・異常気象後の安全確認  など

 

支援内容

・対象箇所をドローンにより空撮します。
・空撮した画像、動画データはSDカードでお渡しします。
・ドローンの飛行時間は1時間です。

 

所有しているドローン

機種

DJI社Phantom3advanced

 

機能

・1080pHDの動画が撮影できます。

・12.0MEGAPIXELSの画像が撮影できます。

・2km先まで飛行可能です。

・1本のバッテリーで20分の飛行が可能です。

 (※3本準備していますので合計1時間飛行可能です)

・上空120mからの空撮が可能です。

お申込み方法

依頼方法

無人航空機(ドローン)による空撮依頼書に必要事項をご記入の上、当センターへご提出ください。

 

費用について

①災害発生時(公共土木施設が被災した場合)

 センターから現場までの旅費のみ

②異常気象発生時(公共土木施設は被災していない場合)

 30,824円+旅費

 

※災害発生時は、早期復旧支援の趣旨から旅費のみとしています。

このページのお問い合わせ

企画研修課

TEL:0957-54-9630
FAX:0957-54-1592
MAIL:nerc_kikaku@nerc.or.jp

お問い合わせ